ニーハオ!
辣油先生です。

今回は
中国現地の人と
連絡するときに必須の
『WeChat / 微信』
のご紹介と、
iPhone(iOS)や
androidのスマホで
中国語を入力する方法の
ご紹介です。

2〜3年前までは
中国版のLINE
なんて呼ばれていましたが、
ここ最近かなり
進化してきていますので、
よく調べてからインストール、
使用するようにしましょう。

>>中国出張はレンタルWiFiが簡単便利!

>>出張中の保険補償を無料で増やす方法

 

中国で急速に普及したSNS WeChat / 微信

ほんの数年前まで
中国でも日本製のアプリ
LINEが使用できて、
中国の方々も
よく利用していたので
大変便利だったのですが、
現在は規制され
中国国内ではGoogleなどと同様に
使用することができません。

中国出張に出かけた時に
日本とLINEでやりとりするには
VPNを使用すれば
問題はないのですが、
中国人の方々や
中国に住んでいる、
長期滞在している方々に
連絡をしたい場合、
LINEでやり取りするのは
ちょっと難しいと言えるでしょう。

そこで現地の方々からも
よく勧められるのが
WeChat(ウィーチャット)、
微信(ウィシン)
です。
『WeChat』は国際的な呼び方、
『微信』は中国向けの呼び方で
同じものです。

但し、
中国版と国際版の
2種類が存在するようです。

 

日本でインストールできるのは『国際版』WeChat  / 微信

WeChat / 微信は
中国のIT企業テンセント
(繁体字:騰訊、簡体字:腾讯)
が提供している
アプリの事です。

基本的には
日本のLINEとほとんど同じ。

メッセージのやり取りやスタンプ、
無料通話、
モーメンツ(朋友圏)という
タイムラインの様な
投稿ができるアプリで、
中国では爆発的に普及していて、
ほとんどの人が
通信手段として利用しています。

WeChat / 微信のIDは
携帯電話の番号と紐づけされていて、
電話番号から
国際版か中国国内版かが
自動で選択され、
アプリが設定されています。
(言語設定が中国語なら中国国内版がインストールされることもあるようです。)

最近では電子マネーの決済が
できる機能がついていて、
コンビニやタクシー、
飲食店などでの
支払いにも使われているのですが、
この電子マネー機能が
国際版と中国国内向け版との
大きな違いです。

国際版のWeChat / 微信は
ダウンロード直後、
機能が限定され電子マネー、
ウォレット機能が
利用できないように
なっているのですが、
紅包(お年玉)という機能で
1度お金を受け取れば
使えるようになっています。

インストールは
App StoreやGoogle Playストアで
『WeChat』と検索すれば
すぐ見つかり、
インストール後は
日本語で登録を誘導してくれるので簡単です。

入力した携帯電話番号あてに
SMSが届くので
認証すれば登録完了です。

▼iPhone・iOS用

‎WeChat
‎WeChat
Developer: WeChat
Price: Free+

▼android用

WeChat
WeChat
Developer: WeChat
Price: Free+

 

WeChat / 微信は検閲対象。注意点や危険性は?

WeChat / 微信での
メッセージやり取りは、
中国政府から
ほぼ100%検閲
されていると考えて良いでしょう。

 

注意点

注意としては
中国政府(共産党)が
規制しているワードを
メッセージで使用すると
アカウントを凍結されてしまう可能性
があるという事です。

携帯電話と紐づけですから
アカウントを凍結されてしまうと
新しい電話番号の用意が
必要になってしまいます。

規制されているワードは
具体例を挙げますと・・・

  • 天安門事件に関する事
  • 法輪功に関する事
  • 反共産主義に関する事
  • 民主主義に関する事
  • 中国共産党に関する事
  • 台湾(中華民国)問題に関する事
  • チベット問題に関する事
  • ジャスミン革命に関する事
  • ポルノに関する事
  • ギャンブルに関する事

この中でも
天安門事件法輪功
特に御法度です。

天安門事件については
発生した
1989年6月4日を
暗示・連想させるような
数字だけでもNGです。

 

危険性

中国政府が
メッセージのやり取りを
検閲をしている点については、
あなたがスパイや
反共主義者でなければ
特に問題はないと思われます。

しかし、
政府が検閲できるという事は
他からも
閲覧できる可能性が
ないとは言い切れません。
携帯電話番号やアドレス帳、
GPS情報を
WeChat / 微信から抜き取り、
詐欺事件に利用される
可能性もあります。

その点でいうと
中国語がよくわからない段階で
WeChat / 微信に
電子マネー機能をつけるのは
やめておいた方が良いでしょう。

紅包(お年玉)機能を悪用した
詐欺が横行しているようです。

また、仕事以外の私用は控えましょう。

WeChat / 微信などのSNSを使った
出会い系トラブルは
中国でも急増しているようです。

 

iOSで中国語を入力する方法

WeChat / 微信に限らず
メールなどで
中国の方とやり取りしていると、

「この漢字は日本語にない。」

という事態になることが
結構あります。

そんな時のために
中国語入力をする方法を
覚えておきましょう。

設定を起動して

『一般』

『キーボード』

さらに『キーボード』

『新しいキーボードを追加』
をタップして

中国語(簡体字)を選びます。
(中国大陸では簡体字が一般的です)

『拼音-QWERTY』『手書き』
私は使いやすいと思います。

拼音(ピンイン)はだいたいの発音を
ローマ字で打てば
変換候補が出て入力できます。

 

 Androidで中国語を入力する方法

Androidでの方法は
スマホ機種によって
少し違う場合もあります。

『設定』

『キーボードと言語』

『キーボードを表示/非表示』を
タップして
中国語のデフォルトキーボード
がある場合はONにしましょう。

中国語のキーボードがない場合は
Google Play ストアで
『Google ピンイン入力』
を無料でダウンロード、
インストール
しましょう。

その後Google ピンイン入力を
ONにします。

入力画面でGoogle ピンイン入力
を選べば使用可能です。

iOS同様だいたいの発音を
ローマ字で打てば変換候補が出て
入力できます。

 

『中』の部分をタップすれば
4つのキーボードの中から選べて、
右下が
手書きキーボードになります。

 

中国企業と仕事をしていると
『WeChat / 微信』
はインストールして、
使用せざるを得ないと思います。

検閲されていることを知っておき、
注意点を守って
うまく利用するようにしましょう。