ニーハオ!
辣油先生です!

基本的に私は仕事でばかり
中国へ行っていたのですが、
何回も中国出張を
重ねているうちに
取引工場の担当者 王さんから

「上海の中心にも
一度行ってみたいですか?」

という提案があったので、

休日の観光案内を
お願いすることにしました。

>>中国出張はレンタルWiFiが簡単便利!

>>出張中の保険補償を無料で増やす方法

 

上海駅では人の多さに圧倒される

まずは新幹線(中国高速鉄道)に
乗ってみようという事で、
昆山南駅という駅から
上海駅へ向かいました。

昆山南駅に人は少なく、
広くとったスペースや
空間を大きくとった建物が、
より閑散とした雰囲気を
つくっています。

 

ホームにも人は多くなく、
乗車もスムーズにできました。

 

しかし、
上海について
新幹線から降りるとコレです。

 

中国の新幹線は
連結部分などに
席のない切符(自由席)を
持つ人が多く乗っているので、
乗車率は確実に100%を
超えています。

そして上海は
外に出てみても、
人の数が多いです。

写真だと
なかなか伝わりませんが、
実際その場にいると
人の数に驚きます。

すごく広いのに
人が密集しています。
東京なんかと比べても
圧倒的に多いです。

 

なので、
タクシーもすごく待ちました。

 

上海の金融街『陸家嘴』

上海の中心街には
黄浦江(こうほこう)
という川が流れていて、

川を境界線にして
浦西と浦東という
地域に分かれています。

その川のすぐそば、
浦東側にそびえたつビル群が
上海の金融街
『陸家嘴(りくかすい)』です。

 

それにしても
黄浦江は汚い川です。

これでも水源として
利用されているそうですから、
水道水で
お腹を壊すのも理解できます。

ちなみに中国当局が
病死した豚の肉を
販売する業者へ
取り締まりを強化したところ、
黄浦江への豚の死骸や
糞の不法投棄が
日常化しているそうです。

上海市当局の発表では、
黄浦江から
回収された豚の死骸は
1万匹を超えると言います。

 

ココは船を使って
対岸に渡ることも可能です。

タクシーなどで
行く場合は
この川の下を通るトンネルが
掘られており、
そこを通って対岸に
行くことになります。

 

対岸の到着したら
バスで移動です。

 

陸家嘴が見えてきました。

写真の真ん中に
穴の空いたビルが見えますね。

六本木ヒルズで有名な
森ビルが建てた、

『上海环球金融中心(上海ワールドフィナンシャルセンター)』

上海ヒルズとも
言われるビルです。

現地の人たちは
「ショッピングバッグ」
なんて呼んでいるそうです。

 

これら近代的なビル群の中でも
ひときわ目立つタワーがあります。

それが今回の目的地である
『東方明珠電視塔』です。

 

東方明珠電視塔の展望台

東方明珠電視塔は
『電視塔』

つまりテレビ塔です。

東京タワーや
スカイツリーと同じですね。

東方明珠電視塔の高さは
467.9mで
スカイツリー(634m)より低く、
東京タワー(333m)より高いです。

 

3つある球体の部分が
それぞれ展望台になっています。

まずは真ん中の
球体に入ってみました。
この通り、
床が透明になっています。

 

次に上の球体に
上がってみます。

ココから見下ろす
上海の街は絶景です。

 

でもやっぱり遠くの景色は
PM2.5で曇って見えますね・・・

 

東方明珠電視塔から
出てきて王さんが

「いやぁ~コワかったですねぇ」

と言います。

私が
「王さん、もしかして高いところ苦手なの?」
と聞き返すと、
「だってアレ中国製ですよ。」
中国人が言うと
冗談に聞こえません。

 

夕日が沈む陸家嘴。

逆光が汚い黄浦江の水と
PM2.5のかすんだ景色を
かき消してくれます。

帰りに上海で流行の
『火鍋』を食べて
この日の観光は終了です。

中国の鍋料理は
一人一鍋で食べるようです。

いつもの通り
食べきれないほどの食材が
並べられました。

上海での食事は
それなりに金額がはりますが、
味はしっかりしていて
美味しかったです。