ニーハオ!

辣油先生です。

今回は、
はじめて中国出張に行くときや

まだ慣れていないときに
注意したいことを

簡潔にまとめておきたいと思います。

 

現金は多めに両替しておく

中国国内では
WeChat / 微信の電子マネー機能など
電子決済化が進んでいますが、
VISAやMasterといった
国際的なクレジットカードは
あまり普及が進んでいません。

北京や上海といった
大都市から少しでも離れたり
小さなお店やホテルでは
クレジットカードは
使えないことがほとんですから
現金を用意しておくように
しましょう。

特にホテルの支払いは
チェックインの時に
デポジット(保証金)を
宿泊費の2〜3倍ほど
支払うのが普通です。

余裕を持って
用意するようにしましょう。

 

日程や時間には余裕をもっておく

中国の空港では
出発や離陸で遅延が
発生することはよくあります。

私も飛行機の中で
2時間ほど
待たされたことがあります。

結果、
関西国際空港からの電車や
バスの最終便に
間に合いませんでした。

最悪欠航ということも
ありえますので
滞在期間や
出発時間には
余裕をもっておきましょう。

ギリギリの日程で行って
欠航のために
滞在日数を超えてしまうと、
罰金や手続きなど
非常に面倒なことになります。

ビザなしの場合
中国での滞在日数は
入国日より15日以内です。

 

ホテルに入ったら備品のチェック

ホテルにチェックインしたら、
備品を確認するように
しておきましょう。

有料のものは
リストアップされていますので
数が合っているか
確認しておきましょう。

また鏡が割れていたり、
イスなどの備品が
壊れていたときは、

クレームをつけたりして
初めから壊れていたことを
主張しておきましょう。

チェックアウトの時に
「お前が壊したのだろう?」
とあらぬ疑いを
かけられることもよくあります。

 

Gmail・LINE・Facebook・Twitter
は基本的に利用できない

中国では
政府による検閲、規制があって、
Google検索はもちろん
Google Map、G-mailなどの
Googleのサービスや、
LINE、Facebook、Twitterといった
SNSのサービスも
利用することができません。

また海外出張では便利な
Google翻訳も使えません。

ただし、
VPNという技術を利用して
中国政府の検閲、規制から
逃れる方法はあります。

出発前に知っておいて
準備しておきましょう。

VPNは
公共のWifiを利用する場合でも
ハッキングに対して
安全性が高まりますのでおすすめです。

中国出張ではVPNを知っておこう

 

水道水を絶対に飲んではダメ

鉄則として
水道から出るお水は
絶対飲んではいけません。
確実にお腹をこわします。
沸騰させたとしても
水道水は
飲めるようにはなりません。

ホテルにはだいたいサービスで
ペットボトルのお水が
用意されているので、
これを飲むようにしましょう。

水が足りない場合は
スーパーやコンビニで
買うようにします。

500mlペットボトルで
1元程度です。

購入時に気をつけたいのは、
空の容器に水道水を詰め直して
販売していた。
という事件もあるので

一度フタを開けた形跡がないか?

念のため確認しましょう。

 

氷や手洗い用の水にも注意

基本的に
中国は飲み物を冷やして
飲むことがほとんどありません。

しかし、
夏場には氷の入った飲み物を
提供されることも稀にあります。

この氷を食べてしまって
お腹をこわした
という話はよく聞きます。

なので、

氷を口の中に入れるのはもちろん、
氷の入った飲み物は
避けるようにしましょう。

また、
中国では食事の時にお水ではなく

熱いお茶が
まず出てくるのが普通です。

カニ料理など手が汚れる料理では
手洗い用の水が
出されることがあります。

間違って飲まないようにしましょう。

 

屋台売っているものは食べない

まぁ、
よほど好奇心の
強い人でなければ、

まず屋台で
食べ物を買う気には
ならないと思いますが、
基本的に中国の方々は

「熱い油で揚げたり、
沸騰させればOK!」

という考えの人が
多いようです。

そういった考えでは
やはり衛生面に
問題があります。

また、
よくわからない化学調味料や
食材を使っていることも
考えられます。

中国に長期出張している
台湾人の方からも

「絶対食べない方が良い」

と言われていましたので、

食べない方が
良いのだと思います。

 

犬猫、鶏などにむやみに近づかない

衛生状態が良くないのは
動物たちも同じです。

狂犬病や鳥インフルエンザなど

人間に感染する病気も
多くありますので
動物が好きだからと
近づくのは危険があります。

 

日本語のセールスやKTVの小姐に注意

観光地などに行くと

「トモダチ!トケイ、ミルダケ!」

などなど
偽造品のキャッチセールスが
日本語でよく声をかけてきます。

トラブルの元になるのは明白なので

絶対について行ってはいけません。

また、
接待でKTVへ
招待されることもあります。

KTVというのは
本来カラオケのことなのですが、
接待に使われるKTVは
女性コンパニオン(小姐)がつく
日本でいう所の
キャバクラのようなところです。

こういったところでは
流暢な日本語で
小姐が甘い誘いをかけてきたり
連絡先を聞いてくるようなことも
ありますが、
トラブルに巻き込まれないように
するためにも

きっぱり断る方が私は得策だと思います。

 

ケガや病気、盗難などのトラブルは海外旅行保険で備える

出張で中国行く場合は
会社側が海外旅行保険を
用意してくれることが
ほとんどだと思います。

出発前に
海外旅行保険の加入、
未加入を念のため確認
しておくようにしましょう。

また、
エポスカードという無料の
クレジットカードを発行しておくだけで
保険の補償内容をさらに
充実させることが可能なので
ぜひ発行しておくようにしましょう。

海外旅行・出張に『エポスカード』は常識!

 

以上、
最低限注意してほしいことを
まとめました。

みなさんお気をつけて!