ニーハオ!
辣油先生です!

今回は初めて行った時の
中国出張の体験談です。

何とか日本を出発して中国、
上海浦東国際空港に
無事到着することができました。

>>中国出張はレンタルWiFiが簡単便利!

>>出張中の保険補償を無料で増やす方法

 

空港に到着 まず驚いたのは?

関西国際空港から
上海浦東国際空港までは
飛行機が飛び立ってから
2時間ほどで到着します。

JAL便や
中国東方航空便などで行くと、
オンデマンドで
映画が楽しめます。

しかし120分の映画を選ぶと、
いつもラストシーンになって
着陸態勢に入り、
強制終了させられるので
ヤキモキしていました。

私が中国出張に
よく行っていたころは
朝出発すれば
昼食の機内食が出ました。

飛行機の中で
機内食が出ると
お茶やコーヒーといった
飲み物が十分に
出されるので、
トイレに行きたくなります。

空港へ到着すると、
だいたいの人は
トイレに駆け込みますよね。

「中国のトイレって大丈夫なのか・・・?」

「スッゴイ汚かったらいやだなぁ」

なんて考えつつも
行かないわけにはいきません。

いざ入ってみると・・・

なんとビックリ!
メッチャ綺麗!

上海浦東国際空港のトイレは
ひょっとすると
日本のトイレよりも
綺麗かもしれません。

トイレ以外も
空港はピカピカに
清掃されていて
とっても綺麗なんです。

 

お昼ご飯を食べましょう

入国手続きを済ませ、
手荷物を受け取り、
いざ出口へ。

現地のスタッフの方
(仮名:王 / ワン さん)
迎えに来てくれていました。

この時は工場を紹介してくれた
会社の方(仮名:山本さん)
同行してもらえました。

王さん:
「ようこそいらっしゃいました。」

とても流ちょうな日本語です。

王さんは日本に
長年住んでいたらしく、
日本は問題なしです。

王さん:
「じゃあ、まずは
お昼ご飯を食べましょう!」

あれ?この人
お昼まだ食べてないのかな?

時計を見ると
日本時間でお昼の1時。

中国は
1時間の時差で
お昼12時です。

ココは合わせて
空港内のレストランへ

私は機内食で
十分足りていたので、
コーヒーだけを注文しようとすると

王さん:
「機内食は少なかったでしょう?
どうぞ食べ物を
注文してください。」

「いえ、
私はおなかいっぱいですから
大丈夫です。」

王さん:
「そんなこと言わずに
注文してください。」

しつこく言われます。

そうです。
この時点ですでに
中国流の接待が
始まっていたのです。

相手が食事を残すぐらい
食べてもらいたいのです。

同行してくださった
会社の方は
何度も中国に来ているので、
このペースは知っています。

山本さん:
「注文するまで
彼らは退きませんよ。」

私は訳もわからないまま
ラーメン(牛肉麺)を注文。

おそらく八角の匂い
だったと思いますが、
あの独特のにおいと
薄いスープ、
そうめんのような
白くて噛みごたえのない麺は、
当時の私にとって
おいしい物ではなく、
2口ほど味を確かめて
残したのを覚えています。

それからも
コーヒーを飲みながら
1時間ほど話をして、

王さん:
「じゃあそろそろ
工場へ行きましょうか。」

やっと行くのか・・・
と思いながらついて行くと

王さん:
「運転手を待たせていますので。」

運転手待たせておいて、
1時間もダラダラ
話してたのかっ!?

心の中で私は叫びました。

 

中国での運転手という職業

後でわかったのですが、
中国で工場を持っているような
大きな会社は
ほとんどが運転手を雇っています。

空港への送り迎えは
もちろんのこと、
夜の会食にまで
付き合ってくれます。

しかし、
日本での運転手さんという
仕事のイメージとは違い、
会社でも地位が高く、
会食で使うレストランも
運転手さんが選びます。

なので運転手さんには
毎回ではなくても、
たまにお土産
(タバコやお菓子)を
渡しておくと、
夜の会食で
美味しい高級店を
選んでくれます。

(支払いは会社なので
運転手さんへの遠慮は
必要なかったです。)

 

工場に到着

高速道路を
2~3時間ほど走って、
工場に到着したのは
現地時間夕方4時ごろ。

会議室へ通され
王さん:
「コーヒーで良いですか?」

今日はもう
検品する気ないのかな?
と思いながら

「はい、ありがとうございます。」

と私は答え、
ゆっくりとコーヒーを頂きます。

 

山本さん:
「じゃあ、そろそろやりますか?」

という言葉を聞いた時には
すでに夕方5時です。

王さん:
「コンテナは明日朝とりに来ますから、
今晩中にやらないと」

早く言えよ!
飯食ったり
コーヒー飲んでる
場合じゃねぇだろ!

と心の中で怒鳴りながらも
驚きもしない同行者の山本さんを見て、
これも文化の違いないのか?
と考え、
おとなしく検品に取り掛かりました。

 

深夜に及ぶ検品作業

とはいってももう夕方5時です。

私たちの業界では
日本の工場は遅くても
6時には終了です。

で、確認してみると
この工場は24時間稼働。

時間は心配しなくて
よいとのこと。

検品開始後、
1時間ごとに
休憩を入れます。

しかし、
マイペースだなぁ・・・

夜の9時になって
食事にケンタッキーの
デリバリーをとってもらって
夕食を取りました。

例のごとく大量発注でした。

 

王さん:
「20フィートコンテナが
いっぱいにならないと
もったいないので
頑張りましょうね!
まだ半分ぐらいです!」

なぜか勝手に
目標決められちゃってます。

まぁ、
船便の場合
コンテナで運ぶので、
コンテナのサイズ
20フィートとか
40フィートとかが
いっぱいにならないと、
同じ運賃なので
損をしてしまいます。

しかし、
半分ってことは
単純に見積もっても
あと4時間。

終わるのは
深夜1時に
なってしまいます。

昼間になぜ?
ゆっくり
していたんだ???

もう怒る気も失せてました。

その後、
深夜1時半ごろ
(日本時間だと深夜2時半)に
作業は終了。

この日は完全に
王さんのペースに
乗せられてしまいました。

朝も早かったので
ヘトヘトになりながら
ホテルへ向かいました。

さすがにこの時間は
運転手さんもいなくて
工場スタッフの車で
送ってもらいました。

中国のホテルは部屋が広いです。▼