ニーハオ!
辣油先生です!

今回は中国出張に行く前に
知っておいてほしい

中国のインターネット事情を
ご紹介します。

出国前に社内外の人に

「出張先からメールかLINE入れますね~!」

と言って出張に出たものの、

「メールもLINEもできない・・・」

といったことも十分にありますので
よく調べておきましょう。

>>中国出張はレンタルWiFiが簡単便利!

>>出張中の保険補償を無料で増やす方法

 

中国政府の情報検閲と情報規制

中国は
皆さんご存知の通り
共産主義国家です。

共産主義、
一党独裁を維持するために

国民が日本や
アメリカのサイトや
サービスを利用し、
余計な考えを
起こさせない様に
情報は全て検閲され、
規制されます。

なので、
日本では
自由に使えるサービスやアプリ
自由に閲覧できるサイトは
中国出張時には使えない、
見れないことがあります。

 

中国で規制されているサービス

日本でよく使われている
サービスで、

中国出張時、
使えない主なサービスは
以下の通りです。

  • Google 検索
  • Gmail
  • Google+
  • Google マップ
  • Google 翻訳
  • YouTube(ユーチューブ)
  • ニコニコ動画
  • Facebook (フェイスブック)
  • Twitter(ツイッター)
  • Instagram(インスタグラム)
  • LINE(ライン)※使える時もあるらしい?
  • KakaoTalk(カカオトーク)
  • FC2
  • Ameba(アメーバ)
  • エキサイトブログ
  • アダルト・ポルノサイト全般
  • ポケモンGO
  • Dropbox

赤字にしたものは
仕事で使う事も
多いでしょうから、
特に注意が必要です。

普段から
メインメールアドレスが
Gmail
簡単な連絡は
LINE
という人は
多いと思います。

また、
国際電話の通話料は高いので
LINE通話で会話をすればいい。
と考えていた人も
いるのではないでしょうか?

私は代替えサービスとして
Yahoo mailと
Skypeを使用していました。

ただ、
やはり普段使用しないので
仕事専用になります。

友人にSkypeの
インストールをさせるのは
一苦労です。
(なぜかみんな嫌がる)

 

中国版LINEのWeChat(微信 ウェイシン)

中国人が
多く使用しているのが
WeChat(微信)
というアプリです。

ウェイシンと読みます。

中国国外でも使用できて、
中国人の方とLINE感覚で
連絡が取れるので
便利なのですが、

もちろん検閲されています。

以前、
Baidu 百度という
中国の大手IT企業が作った
キーボードアプリ
『Simeji(しめじ)』が
ユーザーに無断で
入力データを
サーバーへ無断で
送信していた事がありました。

おそらく微信も
検閲の為にサーバーへ
どんどん
記録していっているでしょう。

検閲だけなら
気持ち悪いだけで済みますが、
このスキマを利用して
パスワードや
カード番号などを
搾取するハッカーが
いないとも限りません。

極力中国のアプリは
インストールしないか、
専用のスマホを用意するのが
良いと私は思います。

 

GmailやLINEが中国でも使える裏技 VPN

VPNは
バーチャル(V)
プライベート(P)
ネットワーク(N)
の略です。

(※ ITに詳しい人が説明すると少し違うかもしれませんが、私なりの解釈で説明します。)

外部(インターネット上)から
会社のパソコンに
アクセスできないように
社内LANを構築して
社員だけの
アクセスに制限することは
よくありますよね?

 

社内LANのように
外部から
アクセスできない
ネットワークに

『自分だけが外部から社内LANへ繋がれる専用回線を引く』

これを
ヴァーチャルでやるのが
VPNです。

実際は専用回線を
利用するのではなく
インターネット回線を
利用しています。

 

つまり、
外部からの
干渉を受けることなく、
ネットワークが可能なので、
大企業を中心に
秘密保持をするために
使われている技術です。

 

VPNでなぜ自由になるのか?

ここまでの説明だと

「じゃあ、社内のパソコンにしか繋がれないから
インターネット見れないよね?」

と思ったんじゃ
ないでしょうか?

でも、
VPNでつながった
ネットワークが
外部とつながっていたら
どうでしょうか?

中国から
日本にあるネットワークまでは
外部から干渉を受けない。

つまり中国政府からの
検閲を受けず、
日本のサーバーに
VPNでつなぎます。

その日本のサーバーを介して
インターネットに接続すれば、
日本に居る状態と同じ環境で
インターネットが
利用できるのです。

 

ちょっと
ややこしいですが
わかりましたか?

もちろんスマートフォンでも
VPN接続は可能です。

 

 VPNの種類

VPNを利用した
インターネットサービスは

  • 有料のVPNサービス
  • 無料のVPNサービス
  • レンタルwifiのサービス

これらがあります。

有料のVPNサービス

有料のVPNサービスは
月額使用料を支払って
サーバーに接続できる
サービスです。

運営会社が
サーバーを管理していますから
安定して
利用することができます。

インターネット接続環境が
整った工場などへ
長期滞在する場合は
かえって
安上がりかもしれません。

>>セカイVPN いろんな国のIPアドレスが使えるVPNサービス- INTERLINK

(VPNの特徴としてIPアドレスを隠匿できるというのもあります。頭の片隅にでもおいておいてください。)

 

無料のVPNサービス

有名なのは

VPN Gate 筑波大学による公開 VPN 中継サーバープロジェクト

筑波大学および
SoftEther が
運営、学術実験している
プロジェクトで、
『実験に参加』
しているという形で
無料参加できます。

世界中に分散配置された数千台の
VPN サーバーに接続可能ですが、
『有志のサーバー』
なので不安定です。

また、

プロジェクトサイトや
サーバーリストへのアクセスは
中国国内からでは
規制されていて
見ることができません。

中国出張時に利用する場合は、

日本で
サーバーリストを
つくってから出国しないと、

現地で
利用することができません。

また、
リストにあげたサーバーが
当日起動している
保証はありません。

10件ほど
リストアップしておくのが
望ましいです。

 

レンタルwifiのサービス

これが一おススメです。

レンタルwifiルーターが
運営会社の
VPNサーバーにつながるサービスです。

VPNに対応したレンタルwifiルーターは
数少ないですが、
wifiルーターをレンタルする場合は
ぜひVPN付を選ぶようにしましょう。

接続方法も説明書がついていて、
とても簡単です。

容量はメールやSNSでの連絡や
ちょっとした調べものに使うだけなら
標準プラン(300MB)で十分です。

>>海外WiFiレンタル【GLOBAL WiFi】

エリア:東アジア
国:中国(4G or 3G)特別回線を選択

 

まとめ

  • 中国のインターネットは検閲されていて規制がある
  • Googleのサービスは全て利用できない
  • FacebookやTwitterなどのSNSもほとんどが利用できない
  • LINEは不安定
  • 中国のアプリは極力入れない方が良い
  • 日本と同じ環境でインターネットをするにはVPNを利用
  • VPNは無料でも利用できる方法はある
  • お手軽なのはVPN付レンタルwifi

 

VPN全面禁止はデマ

一部VPNに関して
間違った情報が流れているようなので
追記します。

中国政府が
VPNの規制を厳しくすると
発表しましたが、
現在のところ自分でVPNを
構築したりしない限りは
規制の対象にはなりません。