ニーハオ!
辣油先生です!

今回も食事のお話です。

中国には
日本人の口に
合わない物ばかり
ではありません。

美味しい食事も
もちろんあります。

ただ、
基本的に美味しい
中華料理は
上海の中心街など
観光地にあります。

写真の肉汁を
ストローで吸い上げる
中華まんで有名な
『南翔饅頭店』では
上海ガニの身が
たくさん入った小籠包など
様々な料理があって
非常においしかったです。

でも、
中国に出張で行くとなると
観光地へは
なかなか行けませんよね。

 

>>中国出張はレンタルWiFiが簡単便利!

>>出張中の保険補償を無料で増やす方法

中華料理は薄味が多い?

私が観光地ではない場所で
食べた中華料理は
どれもこれも味が薄く、
油っぽいものばかりでした。

例えば見た目は
『ソース焼きそば』の
『上海炒麺』は
油の味しかしません。

 

料理名がよくわからない
こちらも油の味が中心。
圧倒的に塩味が足りません。

 

もちろん最高級の
レストランでは
話は別ですよ。

薄味を超越して
『素材の味』がいきてます、
しっかりおいしいです。

 

なぜか提案される日本料理

1週間ほどの
出張スケジュールで中国に行くと、
取引先から必ず1回は
提案されるのが日本料理の夕食です。

だいたい日本人の
サラリーマンが
出張先として行くのは
上海のはずれの方だったり、
蘇州や深セン、
広州といったところが
多いと思います。

こういった場所には
必ず日本人向けに
日本料理店が必ずあって、
日本人が経営している
ところも多いです。

日本料理とは言っても
ほとんどが『居酒屋』
のようなお店です。

 

焼き鳥や天ぷら、
刺身も食べられます。

ちなみに
お刺身など頂いて、
お腹をくだしたことは
ありません。

日本料理店は味もかなり
日本の居酒屋メニューと似ていて、
ちょっとだけホッとできます。

 

彼らの言う
『中国版わさび(写真右側)』は
色々な刺激物を
合成したわさびです。

明らかに
色がおかしいです。

 

おいしい中華料理だと思って食べていたのは台湾料理だった

中国企業の経営者や
上層部はいわゆる
華僑の方々が多くて、
シンガポールや
台湾からの出張で
来ている人が多いです。

上記の日本料理と同じく
台湾人向けに
台湾料理店も
多く存在します。

私が中国出張へ行ったときは
取引先の上層部の方々と
一緒に下写真のような
昼食を頂いていました。

これを食べた時に

「中華料理っておいしい物もあるんだ」

と思っていました。

 

でもこれ、後で聞いたら
台湾人の上層部の方々用に
専属コックが
料理していたもので
味付けは
台湾料理なんだそうです。

以前ご紹介したチェーン店
『永和大王』も
おいしいなぁと思ったら
台湾料理でした。

 

街中で見つけた
巨大なフライドチキンも
おいしいと思ったら
台湾のものでした。

 

そこで試しに取引先の方に

「台湾料理のお店って
あるんですか?」
と聞いてみると

「もちろんありますよ!
台湾料理が好きですか?」

と大喜び

そしてお味も期待通りでした。

なかでも焼きビーフンは
格別でした。

 

まとめ

中国は広いので地域によって
味付けや食材は大きく異なりますが、
上海周辺は基本薄味のものが多く、
日本で食べる中華料理を
想像して食べると期待外れです。

(経験上、南部の味付けは
薄くないです。)

また、
水の問題ではなく何かを
加えているのか、
私は中国でのごはんの匂いが
苦手です。

白ご飯も
チャーハンも同じ匂いがします。

それが台湾料理で頂く時には
ごはんから嫌な匂いがしません。

もし、
あなたの出張先で
出された中華料理がおいしくないな、
口に合わないな
と感じた場合は
日本料理店や
台湾料理店での食事を
打診してみましょう。

台湾料理は見た目には
中華料理とよく似ていますが、
塩加減などが
日本で食べる
中華料理に近いです。

また、
ゴーヤの炒め物やミミガーなど
沖縄料理に
通じるものもあります。

取引先の相手の方が
台湾人の方なら
非常に喜んでもらえますし、
一石二鳥なのでおススメです。